矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook

WILDSWANS > ONLINE SHOP > CATEGORY > WALLET > イングリッシュブライドル SURFS I(サーフス I)

カラーバリエーション

カラーバリエーション
カラーバリエーション
カラーバリエーション
カラーバリエーション
カラーバリエーション
カラーバリエーション
カラーバリエーション
カラーバリエーション
カラーバリエーション
カラーバリエーション
カラーバリエーション
カラーバリエーション
カラーバリエーション
カラーバリエーション
ブラック
ブラック
ダークブラウン
ダークブラウン
バーガンディ
バーガンディ
ネイビー
ネイビー
BYRNE ダークブラウン 約2年使用
BYRNE ダークブラウン 約2年使用
PRIM ネイビー 約6ヵ月使用
PRIM ネイビー 約6ヵ月使用
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

新たにWILDSWANSの定番素材に加わった、アメリカ・ウィケット&クレイグ社のイングリッシュブライドルという皮革を使用した長財布・SURFS I(サーフス1)です。

北米最古のタンニン鞣しを専門とするタンナー、ウィケット&クレイグ社の製造するイングリッシュブライドルは厳選された良質な原皮を独自のレシピで鞣し上げたブライドルレザーです。

ウィケット&クレイグ社が独自の解釈によって開発したこのブライドルレザーは、非常に特徴的な皮革で、例えば一般的なブライドルレザーには皮革表面に粉状に浮き出たロウ成分(ブルーム)が見られることがありますが、イングリッシュブライドルレザーは熱したローラーに皮革を通す仕上げの作業によってロウ成分を皮革内部にしっかりと留めるため、ブルームはほとんど見られません。また皮革自体はしっとりと滑らかな質感ですが、使い込んでもコシが抜けにくく、しなやかさと耐久性をしっかりと維持するという特徴があります。

SURFS Iは厚すぎず薄すぎず、カジュアルにもビジネスにも対応できる小銭入れ付きの長財布です。緩やかな曲線を用いたデザインは柔らかな印象を与えますので堅苦しくなく、オン、オフ問わずにお使い頂けます。またこの曲線が手によく馴染むことでスムーズな持ち運びを実現しています。コインポケットが付いていてもかさばりにくく、全体のシルエットは薄くスマートに仕上げているためスーツの内ポケットに収めることもできます。コイン室は片マチタイプのファスナー開閉式です。片マチタイプはスリムでありながら取り出しやすく、容量も多く確保できます。カード段は6段、札入れ部分は2室ありますので、紙幣の仕分やチケット、領収書等を分けて入れておくことができます。

※イングリッシュブライドルはギン面に研磨を施さないフルグレイン仕様のため、原皮の時点で含まれる傷や皺、血筋などは皮革になってもそのまま残ります。
これらは皮革の特性上避けられないものでございますので、ご理解を賜りました上でご購入を頂けますようお願い申し上げます。

※イングリッシュブライドルレザーは、皮革表面に繊維などが付着しやすい特性がありますが、こちらは主に製造時に皮革のトコ面(裏面)から発生する繊維となります。

〈こちらの製品をパンツのポケットに収納する際の注意〉
・汗や湿気の影響により、艶が出にくい状態となる可能性がございます。また、このように皮革の風合いが変化した場合、元に戻すことが困難となります。
・製品の変形の可能性ございます。こちらも変形後に元の状態に戻すことは困難となります。
・製品の断面であるコバが割れる可能性がございます。

◇入荷案内に関して
こちらは【入荷案内可能製品】のため,納期を設けたご予約は承っておりません。在庫のご用意がない場合、ご購入をご希望の方にはお品物が入荷次第ご連絡をさせて頂きます。
入荷案内をご希望の場合には以下のフォームより必要事項をご記入の上、送信して下さい。

入荷案内フォームはこちら

イングリッシュブライドル SURFS I(サーフス I)

38,500円(税込)

【販売期間:7月13日11時0分〜】

ブラック /SOLDOUT  -
ダークブラウン /SOLDOUT  -
バーガンディ /SOLDOUT  -
ネイビー /SOLDOUT  -

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
メーカー WILDSWANS(ワイルドスワンズ)
サイズ H95 x W190 x D15 mm
収納部 ファスナー式コインポケット1室、カード段6段、札室2室
外装素材 アメリカ牛革(イングリッシュブライドル)
内装素材 アメリカ牛革(イングリッシュブライドル)
金具 ファスナー
製造国 日本
製品ブログ イングリッシュブライドルシリーズについてのお話2