シュランケンカーフ

ドイツ ペリンガー社 LUDWIG PERLINGER Gmbh

WILDSWANSでは様々な種類の革の小物、鞄を取り扱いしております。末永くご愛用いただくために、各種素材についての特長とお手入れ方法をご用意いたしました。日々のお手入れのお役に立ていただければと思っております。
店頭でもメンテナンスを行っておりますので、ご不明の点がございましたらいつでもお気軽にご相談下さい。

シュランケンカーフ

ペリンガー社は1864年から主にボックスカーフを中心とした皮革の製作をしており、5世代に渡って累積された革鞣しの技術や経験と近代的な製造方法を結合させることで、常に安定した最高品質の革を供給するタンナーです。カーフ(生後6ヶ月以内の仔牛)という素材は、しなやかで肌理細かく柔らかいという利点を活かす為、基本的には鞣す時に革が硬くなりにくいクロームで鞣されます。

 

シュランケンカーフもまたその内の一つで、クロームで鞣されています。この革は今から約60年前に開発された、ペリンガー社を代表する革の1つで、熱を加えずに収斂性の強い鞣し剤によって革の表面に自然なシボを持たせており、独特の表情と張りが特徴です。

 

シボ(皺)の出方は型押しされた革とは異なり、不規則で自然の模様となりますので、1枚の大きな革の中でも部位によってシボが大きかったり深かったりと実に様々な表情を見せます。このシボの利点は曲げ伸ばしに強くなるということと、傷にも強くなるという点と、傷を目立たせないという利点が挙げられます。一般的にクロームで鞣された革は植物性のタンニンで鞣された革よりも弾力があり、柔軟性が高くなるのですが、そこにシボが加わると更に柔軟性と弾力が上がり、大変曲げ伸ばしに強い革となります。

さらに、色落ちや退色が起こりにくいので、長く使っていても常に発色の良さをキープするという大きな特徴があります。

ケア方法

基本的にはクリームを塗って頂く必要はございませんが、初めてご使用になる前には表面の汚れを取り除き、皮革用の防水スプレーをかけて頂く事をお勧めいたします。汚れを防水スプレーによる被膜の上にとどめることが出来ます。シュランケンカーフは一般的なレザーと比べて、水・汚れに対しては強い革種ですので防水スプレーは必ずしも必要としませんが、汚れが目立ちやすい薄い色の製品には特にご使用をお勧めいたします。

推奨ケア用品

コロニル 1909シュプリームクリームデラックス、または プレミアムディアマント 無色(無色の靴用保革クリームでも代用可能です)
コロニル ナノプロ(被膜の張る防水スプレーであれば他社製品でも代用可能です。)

馬毛ブラシ、山羊毛ブラシ

ご注意点

水濡れについて

一般的なレザーと比較して水に強い革ではありますが、多量の水分はカビの原因となり、放っておくとカビが革繊維の内側に根を張り、完全に取り除くことが難しくなりますので、水気には十分ご注意下さい。
雨などで多量の水分を含んでしまった場合は、堅く絞った柔らかい布で水拭きをし、その後柔らかい布で乾拭きを行って陰干しをして下さい。(※ドライヤーや日光に当てるなどの急速乾燥は、革の風合いを損ねる原因となりますので、くれぐれも行わないようお願い致します。)また、シボ(皺)の内側に入り込んでしまった汚れは、水気をよく飛ばした後、ブラッシングにより掻き出して下さい。

 

鞄のご使用に当たって

鞄の場合は、始めに表面の汚れをブラッシングにて取り除き、靴用の防水スプレーを定期的にかけて頂くと、水気の他汚れの付着も防止出来ますので、より良い状態でお使い頂く事が出来ます。防水スプレーを使用される際は使用方法をご確認頂き、噴霧がムラにならないよう十分ご注意下さい。

 

移染について

衣類と強い摩擦が生じますと色移りの可能性がございます。また汗や雨などによって製品が湿っている状態ですと、比較的弱い摩擦でも色移りいたします。白色などお色味の薄いお召し物には十分ご注意下さい。また、長時間紫外線に当てますと退色・変色の原因となりますので、十分にご注意下さい。

素材使用アイテム
シュランケンカーフのアイテムを見る

SHRUNKEN CALF

シュランケンカーフのアイテムを見る

VIEW MORE

PORTRAIT

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ