シールレザーを使用した革小物についてのお話

BLOG

水族館でもお馴染みのアザラシやオットセイは主に海に生息する海生の哺乳類で、学術的には鰭脚類(ききゃくるい)と呼ばれます。

鰭脚類は海に棲息する哺乳類のうち、「アシカ科」「アザラシ科」「セイウチ科」の3科で構成される動物群のことで、アザラシは「アザラシ科」、オットセイは「アシカ科」、にそれぞれ分類されます。

革業界では海獣の一種としてオットセイやアザラシなどは一括りにされ、まとめてSEAL(シール)と呼ばれることがありますが、確かにその特性は似るところが多く、総じて厚みがあり耐久性に富み、また海獣だけに水にも強いことで昔から靴や様々な製品に加工されています。

WILDSWANSではこれまでハープシール(タテゴトアザラシ)の皮革を用いていくつかのアイテムを製作していますが、今回はアザラシ、オットセイそれぞれの皮革でいくつかのアイテムを販売致しますので、ご紹介をさせて頂きます。

 

まずは2種類の皮革をご覧下さい。

アザラシとオットセイとは皮革の特性が似通っているものの、WILDSWANSで使用している2種は仕上げや色合いが異なることで印象は随分と変わって見えます。

 

まずはこちら、タテゴトアザラシ(HARP SEAL)というアザラシの皮革・ハープシールです。 ハープシールの方は「頭張り」という皮革の凹凸の頂上部分に光沢を出すような仕上げによって、立体感と高級感のある雰囲気です。

軽量でしなやか、且つ堅牢で強度が高く、光の加減によってキラキラと輝く様子が非常に美しいです。

 

そしてこちらがファーシール(オットセイ/FUR SEAL)の皮革です。今回使用した皮革は毛を除去したものですが、元々オットセイはアザラシよりも上質な毛皮が取れることから、fur(毛皮)seal(アザラシ)と呼ばれるようになったそうです。

ファーシールは凹凸の頂上部分を染めた後、ギン面(表面)を薄くヤスリ掛けして表面をマットに仕上げています。

ヤスリ掛けによって網目のような独特の模様が浮かび上がっており、とても表情のある仕上がりです。

 

色味の濃淡によって立体感が強調されておりますが、実際にはシボは浅く、手で触れると僅かな凹凸を感じる程度です。 ドライな手触りですが乾燥によってカサついているといった状態ではなく、しっかりとしたハリ、適度な弾力を持った感触で耐久性の高さが伝わって参ります。

 

ファーシールは表面を起毛させたヌバックレザーのため、経年変化も個性的です。

 

画像の左側が数か月使用したサンプルです。

 

ファーシールはそう簡単に変化は致しませんが、摩擦や圧力を受けたり、または油分などを吸収することでも表面の起毛は落ち着いて徐々に滑らかになって参ります。

 

色味も全体的に深まることで、初めのカジュアルなイメージからは対照的に重厚感と迫力が増した表情へと変化致します。じわじわと表情が変わっていく様子は使っていて非常に面白いです。

 

今回のファーシールは4色展開となり、それぞれ型押しのブッテーロを組み合わせています。

こちらはブルーです。

内装には型押し加工を施したブッテーロのブルーを用いています。

 

こちらはグリーンです。

内装にはブッテーロ(型押し)のグリーンが使用されます。

 

こちらはチョコです。

内装には型押ししたブッテーロのチョコを合わせています。

 

最後はパープルです。

内装は型押しブッテーロのパープルになります。

 

今回はこれらの皮革を用いたアイテムをWILDSWANS Online Shopにて販売いたしますので、ここでご紹介をさせて頂きます。

※こちらのアイテムはポップアップショップやWILDSWANS support & galleryにて先に販売をしておりましたが、今回WILDSWANS Online Shopでも取り扱うこととなりました。

何れもスポット生産品となりますので完売次第販売終了となり、また次回入荷時期は未定となります。

 

キーホルダー・ハープシール LEAF・・・5,280円(税込)

 

LEAFはキーリングを取り付けて使用するキーホルダーです。 取り付ける金具を自由に選べることで様々な使い方が可能なアイテムです。

 

外装にはハープシールが使用されておりますので、しなやかで強く、耐久性も抜群です。

 

本体はジャンパーホックによって開閉を行います。 ホックは7050番という強力な番手のものを使用しているため、しっかりと取り付けられる安心感があります。

ちなみに内装にはフランス・アーナル社のサドルレザーに型押し加工を施したものを使用しています。元々強度の高い皮革ですが、更に型押しによってハリが増し、傷が目立たなくなっています。

 

ホック側の先端はリングなどを取り付けるためにループ状になっています。

 

ループのサイズは直径約5mm、長さ約15mm程度で、ここにリングを通して使用致します。

 

上記のサイズに合う金具や紐など、何でもご使用頂けますが、WILDSWANSのカラビナキーリングをご使用頂く場合にはMサイズが適しています。

 

分類上キーホルダーとしておりますが、鍵以外にも様々なものを取り付けて持ち運ぶのに便利なアイテムです。

 

 

キーホルダー・ファーシール LEAF・・・4,950円(税込)

こちらはオットセイ(ファーシール)の皮革を使用したキーホルダー・LEAFです。

 

シボによって表情が豊かで、どのカラーも非常に個性的です。

またコバ(革の断面)は染料を入れない素磨きで仕上げられておりますので、革の色味がグラデーションとなってコバに表れていることも特徴です。

 

内装にはそれぞれ型押しを施したイタリア・ワルピエ社のブッテーロを使用しています。 内装部分のために時間が掛かりますが、ご使用頂くことで色味の深まりや光沢を帯びて来るような経年変化もお楽しみ頂けます。

 

スマートフォンケース・ファーシール PLYMOUTH-M(プリマス-M) ・・・22,000円(税込)

 

PLYMOUTHはスマートフォン用の携帯ケースです。

 

PLYMOUTHのMサイズは比較的大きめサイズのスマートフォンまで収納が可能なモデルで、iPhoneであれば現行最大サイズのiPhone 13 Pro Maxまで対応しています。

※iPhone 13 Pro Maxの場合にはカバーを装着していない単体での収納でぴったり収まるサイズ感になります。

 

縁に近付くにつれて厚みが絞られていく独特の構造に加え、革のハリも強いことで少し小さなサイズのスマートフォンでもしっかりとホールドしてくれます。

 

内装にはイタリア・ワルピエ社のスムースレザー・ブッテーロに型押し加工を施した皮革を合わせています。

型押しによって皮革のハリが強まり、汚れや傷も目立ちにくくなっています。

 

本体の背面にはループ状のパーツが取り付けられており、金具や紐などをこのパーツに通して取り付けることが出来ますので、様々な場所に取り付けて持ち運ぶことが出来ます。

 

画像ではWILDSWANSのカラビナキーリング(M)を使用しています。 このような金具であればワンタッチで着脱が出来ますので、更に便利にご使用頂けます。

 

如何でしたでしょうか。

 

WILDSWANSの海獣シリーズ、アザラシとオットセイの皮革を用いた革小物をご紹介致しました。

 

【スポット生産品・シールレザーシリーズ】

キーホルダー・ハープシール LEAF・・・5,280円(税込)

キーホルダー・ファーシール LEAF・・・4,950円(税込)

スマートフォンケース・ファーシール PLYMOUTH-M(プリマス-M) ・・・22,000円(税込)

 

これらのアイテムはWILDSWANS Online Shopにて発売中ですので、興味をお持ち頂けましたら是非ご覧下さいませ。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ