【#0100】横長ビッグトートバッグ・BEL-AIR L(ベルエアーL)について 1

BLOG ARCHIVE

※こちらは2009年6月に更新されたアーカイブ記事です。

記事内に掲載されているアイテム、及び発売予告などの記述に関しましては過去の記事となりますので現在はお取扱いを行っていなかったり、また既に完売となっているものもございますこと、予めご了承下さいませ。

 

WILDSWANSの横長トートバッグ、BEL-AIR (L)についてのご説明です。

 上品さを称えた大きな鞄です。  

 

ビッグ・トートバッグ  BEL-AIR(L)  71400円

【※現在はこちらの製品のお取り扱いはございません。】

 

今回はビッグサイズの横長トートバッグをご紹介したいと思います。このバッグはもともと、飛行機内に持ち込める(←航空会社によって異なります。)大き目サイズのバッグとして企画されたもので、初期の素材はクロコダイルでした。  

 

クロコダイルで作った当時のものは、モノとしては大変迫力が有り格好良かったのですが、当然高価なものになりますし、好みも別れる鞄でした。そこで素材を牛革に変えて、日常使いも出来る鞄として生まれ変わったのが、今回のBEL-AIRです。  (と言っても決して安い値段ではないのですが・・・。)

 

BEL-AIRは以前にご紹介した、DAPPERと同じシリーズである「ABUNDANCE シリーズ」の中の1つで、同じように「余裕」や「豊かさ」をテーマにしています。ハードでカチっとした鞄にはせず、あまりセカセカせずにのんびり行きたい、といった具合に、ボワンと柔らかな雰囲気にしてあります。  

ですので、どちらかと言うと飛行機や車、列車でのんびり遠出するのが似合う鞄です。  

 

ただ、遠出せずともフィットネスやジムに通われている方や、道具が必要な稽古事など、趣味に打ち込まれている方にも最適なバッグです。  

 

何しろ容量は充分にありますので、着替えや靴、上着などがバンバン放り込めます。バッグの口部分もこれでもか、という位開きますので、大きな物などの出し入れに適しています。  

 

スポーツウェアやヨガマット、ウクレレなどもOKです。(鞄の口部分中央はホックで留めます。)

 

鞄の両サイド・マチ部分の内側にはストラップが延びていますが、これは昔の鞄によく見られた意匠で、荷物を沢山詰め込んだ際の、型崩れ防止と鞄自体の補強の役目を果たします。このストラップで絞りを調節し、鞄の容量を決定します。 

 

ストラップは2つのリング(←四角ですが)を通して留めますが、使用しない場合は中にダラーンと下げておきます。外すと鞄のサイズが横側に更に大きくなり、見た目もガラリと変化します。  

バッグ自体が浅く広いので、中が見渡せて、深く手を入れる必要もなく物の出し入れが出来ます。

 

ストラップを外した状態です。フォルムが大きく変わり、より柔和で、バカンス仕様な佇まいになります。海辺などとても似合いそうです。

 

続きます。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ