WILDSWANSオリジナルミニカー&レザートレイのお話 1

BLOG

茨城県河内町にあるWILDSWANSのアトリエでは、毎月数回どのようにしてWILDSWANS製品が生み出されているか、製作現場を実際に見学できるアトリエ見学ツアーを開催しております。その際に最寄り駅からの送迎に使用しているバスを1/43スケールのミニカーとして製作致しました。

 

いままでWILDSWANS公式サイトに掲載されていただけでなく、WILDSWANSやC.O.U.のInstagramやFacebook、twitterなどの各種SNSでもちらりと写り込んでいたことのあるWILDSWANSカーのスケールモデル、さっそくご紹介したいと思います。

 

 

WILDSWANSオリジナルミニカー+レザートレイセット 14,000円(税別)

(ミニカー: 105×40×45 レザートレイ: 200×150 それぞれ単位mm)

※ミニカーのみ8,000円(税別)、レザートレイのみ6,000円(税別)

WILDSWANS Online Shopではセット販売のみとなります。

 

まずはミニカー本体からご紹介いたします。本体はマカオに本社を置くPremium & Collectibles Trading社のダイカストボディ、車種はドイツのVolkswagen社のtype2というモデルで、日本ではよくワーゲンバスと呼ばれるモデルになります。

サイズは1/43スケールとミニカーや鉄道模型ではよくみられるサイズになります。

 

 

1/43といいましてもイメージが湧きにくいとは思いますのでスリッカーと並べて写真を撮影/してみました。高さは概ね立てたスリッカーと同じくらいの大きさになります。  

 

 

全長は立てたスリッカーを2つ並べたくらいの長さになります。

 

 

ちなみに最初はディスプレイ用のケースに収められていますので、そちらから取り出してください。中でボディが暴れないように透明のクッションが入っているのでディスプレイの際は取り出してご使用ください。  

 

 

ボディ下部のプラ製緩衝材は裏側のねじを2つ外すと車本体ごと台座から外れますので取り出してください。うっかり本体を落としてしまいますと部品の破損などにつながりますのでお気をつけください。  

 

 

再度台座に取り付ける際にはさきほど取り外したこちらのねじが2本とめがね型のプラスチックパーツが必要となりますので無くさないように保管をお願い致します。    

 

 

さて、本題に戻ります。こちらのtype2ですが現代の車と比較するとスポーツカーのような流線形で流れるような形状でもなければ、山中を駆け巡りそうな四角い剛性感のある車体でもありません。そのずんぐりむっくりとしたまん丸なデザインは1950年に最初期のモデルが発売されて以降、1970年代後半まで少しずつフォルムを変えながらドイツで生産されていました。今の車にはないとてもレトロなフォルムですが、ブラジルでは2013年末とつい最近まで新車として永らく生産が続けられていました。

 

 

その愛らしいフォルムから映像作品に登場することも多く、日本では特撮の名作「ウルトラセブン」の劇中やフォークデュオ「ゆず」のミュージックビデオに、米国では映画「リトル・ミス・サンシャイン」にて黄色いボディのtype2が登場しています。また世界中で人気のtype2は1960年代の世界各地でヒッピームーブメントが起こったころから現代に至るまでインテリアやエクステリアに装飾を加えてカスタムベースとして使用されることもしばしばです。

WILDSWANS仕様の車も例外でなく少しだけカスタムが施されております。まずぱっと目につく外装にはWILDSWANSのロゴ(旧ロゴ)がペイントされています。ボディも窓を境にグリーンとホワイトの2色で塗装されています。  

 

 

また、フロントエンブレムの他、リアのエンブレムも実物の車体と同じく思わずニヤリとしてしまうようなWILDSWANSエンブレムへと変更されています。

 

 

 続きましてセットのレザートレイについてのご説明です。カラーはブラック・チョコ・グリーンの3色でグリーンのみ数量限定となっております。表面はエンボス加工を行った牛革で中央よりやや下あたりにWILDSWANSのロゴが入ったシンプルな造りになっています。

 

 

レザートレイは表裏が革の貼り合わせになっており、裏面の牛革は、卓上で滑り止めになるようにスエードを貼り合わせています。スエードのカラーは表側の牛革と同色になっております。

 

 

トレイ部分も縫製やコバはWILDSWANS製品らしくしっかりと仕上げられています。また、ミニカーとのセット販売ということで表側にはミニカーの四輪がしっかりと収まるように溝がつけてあります。これにより安定して卓上などにミニカーを飾ることができます。

 

 

ミニカーの台として以外にもマウスパッドとしてもご使用いただけます。

 

 

こちらのミニカーセットは7月23日より京成百貨店ポップアップショップにて先行発売を致します。(詳細は以下をご確認下さいませ。)

またC.O.U.各店舗・WILDSWANS support & gallery・WILDSWANS ONLINE SHOPでは現在販売準備中の為、京成百貨店よりも少し遅れての発売となります。

 

 

今回の発売に先駆けて7月23日(木曜日)から7月26日(日曜日)まで茨城県水戸市の京成百貨店にてWILDSWANSポップアップショップを開催いたします。

ポップアップショップでは通常京成百貨店ではお取り扱いのないWILDSWANSの革小物やバッグも展示・販売しており、今回ご紹介いたしましたミニカーとマウスパッドも販売予定です。

今回はなんと、7月23日と24日の2日間限定で、京成百貨店1階正面玄関にてミニカーの元となったWILDSWANSカーの実車も展示する予定です。2日間は同会場でポップアップショップを行い、25日と26日は5階紳士洋品雑貨売場にて引き続きポップアップショップを開催予定です。

 

今回のポップアップショップについてのお問合せは029-231-1111(京成百貨店・代表)までお願いいたします。

お近くまでお越しの際はこちらも是非お立ち寄りくださいませ。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ