コインミニウォレット・CLAM(クラム)についてのお話

BLOG

WILDSWANSの新作革小物のご紹介です。

この度ご紹介させていただきますのはコンパクトなサイズの中に豊富な機能と収納力を備えた、コインがメインのミニウォレット・CLAMです。

 

コインミニウォレット・CLAM   価格19,000円(税抜)

TONGUEよりも更に小さい縦横サイズでありながら、TONGUEと同等に紙幣、カード、コインを同時に収めて頂ける、汎用性の高い多機能型のアイテムです。

初回製作はベルギーの皮革・サドルプルアップのブラックとチョコレートの2色で、12月15日(土)11:00よりWILDSWANSの直営店であるC.O.U.各店とWILDSWANS ONLINESHOPにて一斉に発売を開始いたします。

 

右下がCLAMです。TONGUEは勿論のこと、左側の名刺入れ・ADLERよりも更に小さい縦横サイズですので、手のひらにすっぽりと収まります。

 

外側背面にはカードポケットがありますので、こちらにICカード型の定期を収納すれば定期入れとしてもご利用いただけます。

 

2点のホックを外し本体を開くと、特徴的な折り畳み式のフラップの形状が目に入ります。

フラップは折り畳まれて閉じられている、WILDSWANSでは珍しい仕様です。

 

ホックも通常のWILDSWANSの革小物では見られない特殊なホックを採用しております。

凹側は中心部に向かうほど窪んでいるすり鉢状の形状で、凸側と合わせてロックされた際に、なるべく厚みが出ないような工夫が施されている珍しいホックです。

 

折り畳まれたこの特徴的なフラップを展開しますと、メインとなるボックス型のコイン室が広がります。内側は型押し革による総革張りの贅沢仕様で、傷も付きにくいです。

 

本体に対してフラップは100°以上開きますので、視認性が非常に高く、コインが取り出しやすい構造です。

 

前胴の裏側には小さいポケットがありますので、こちらには非常時用の500円硬貨を入れたり、小さい鍵を入れたりと、アイデア次第で多目的にお使いいただけます。

 

フラップの真裏側にあたるコイン室の奥にはベルト帯があり、こちらにはカードや折り畳んだ紙幣を挟んで収納することができます。画像はこちらにカードを収納した場合です。

(※なおベルトパーツの下部は開いた状態ですので、フラップを大きく開くほどすり抜けやすいので、どうぞご注意ください)

 

こちらはベルト上部に折り畳んだ紙幣を掛けて収納した場合です。

紙幣の場合、ベルトの内側に収納するよりも上部に掛ける方が納めやすく取り出しやすいので、こちらの方が支払いもスムーズに行えます。

 

カードをベルト部分に入れて紙幣を掛けるとこのような感じです。

CLAMはコイン、紙幣、カードが一度に全てが見渡せて、なお且つ簡単に取り出せる、非常に機能的な構造です。

 

装飾の無いミニマルな外観とコンパクトな極小サイズでありながら、十分な機能性とギミックを備えたを多機能型のミニコインウォレットです。

定期入れとして、あるいはお昼の休憩時やコンビニでの支払い等で、かさばることなく大活躍するアイテムです。

 

今月15日(土)11:00より発売開始となりますが、限定品ではなく定番品ですので、初回製作分以降もコンスタントに製作して参ります。

 

ご興味をお持ちのお客様は是非ご覧くださいませ。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ