SHOEHORN(シューホーン)についてのお話

BLOG

WILDSWANSオリジナルの靴ベラ、SHOEHORNが完成しました。

 

SHOEHORN(シューホーン)・・・16,500円(税込)

カラー:シルバーカラー

サイズ:H65×W32mm

重量:約20g

 

今回こちらのSHOEHORNには、一般的なステンレス(SUS304)や海水ポンプなどのパーツにも使用されるSUS316よりも耐食性が高い(腐食に強い、サビに強い)、SUS316Lを使用しています。SUS316Lは、ジュエリー、製薬、食品業界において、ステンレスのハイグレード素材と呼ばれています。また、硬い素材で傷が付きにくく、金属アレルギーにも対応する、非常に優れた素材です。

※SHOEHORNの表面には製作の過程で生じる微細なキズや曇りがございますが、こちらは製品特性となりますので、ご了承ください。なお、手に触れた後に付いた曇りについては、布で拭いて頂くことで消すことができます。

 

SUS316Lは、とても硬い素材のため、その加工には高い技術が必要ですが、SHOEHORNの製作にあたっては、熟練の職人が、美しく流れるようなラインで仕上げています。SHOEHORN 自体は、コンパクトなサイズ感ですが、SUS316Lはジュエリーなど、より小振りなアイテムに使用されることが多く、今回のようなSHOEHORNのサイズは、SUS316Lを使用した製品として見た場合、むしろそれは、とても大きなサイズと言えます。

 

SHOEHORNの表面は、美しく輝いています。こちらは、職人の手作業による鏡面磨きで仕上げられています。技術だけではなく、時間と手間がかかる作業ですが、製品として美しく仕上げるために、必要な工程です。SUS316Lの加工や、鏡面磨きの技術から、一日に仕上げることのできる数は4点が限界となるため、今回ご用意できたSHOEHORNの数量にも限りがございますが、品切れとなった場合は、入荷案内も承ります。

 

それでは細かい製品に仕様についてもご案内させて頂きます。製品の背面にはWILDSWANSのロゴが刻印されています。

 

また、ロゴの上には付属パーツを取り付けるリングを備えています。こちらは後付けのパーツではなくSHOEHORNを成形する段階でできるリングとなりますので、余程の力が加わらない限りは外れてしまうようなこともありません。

 

次に、こちらのリングを使用したおすすめの使用方法をご案内させて頂きます。まず、こちらのリングにWILDSWANSのカラビナキーリングMを取り付けます。

 

なお、カラビナキーリング(M)をSHOEHORN本体のブランドロゴと重ねた際、ロゴがカラビナキーリングの中央に配置されるよう設計しています。

 

次にWILDSWANSのキーホルダーであるフルグレインブライドルLEAF/ロンドンカラーをカラビナキーリングMに接続させます。

(LEAFに取りけるカラビナキーリングのサイズはMサイズでお願い致します。)

 

こちらが、SHOEHORN、カラビナキーリングM、LEAFを接続した様子です。レザーとステンレスの組み合わせも新鮮に映ります。LEAFがSHOEHORNの「柄(え)」のような機能となり、こちらを手で握ることで、足入れがよりスムーズになります。

 

他にもWILDSWANSのキーケースであるCLIPPERⅡなどと一緒に使用しても良いかもしれません。ご自身のスタイルに合った使い方でご使用ください。

 

ご自分用としてだけではなく、プレゼント用にもおすすめのSHOEHORNは、WILDSWANSの直営店である、銀座のWILDSWANS support&galleryとWILDSWANS Online Shopにて発売中です。是非ご覧ください。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ