ミニショルダーバッグ・COLLIER(コリアー)についてのお話

BLOG

WILDSWANSのCOLLIERは2009年頃に誕生しました。当初は外装の一部にヴェロア素材を使用していましたが、その後間もなく素材の都合で一度廃番となり、2013年にミネルバボックスのみを外装に使用した現在の仕様で改めて発売されました。

 

中世イタリアの伝統的な革鞣し製法である「バケッタ製法」を現代に再現したバダラッシーカルロ社は、合成油・魚油の使用や機械化を推し進める、効率優先のタンナーとは異なり、今でもその伝統的な革作りを貫いています。ミネルバボックスにおいても、化学薬品ではなく、植物性のタンニンを用い、じっくりと時間をかけて鞣された革に、家畜牛のすね骨や無蹄足を煮沸して取れた純度の高い「牛脚油」を用いて、さらに長い時間をかけて加脂していきます。こちらは元々浸透しにくいオイルのため、作業には時間と手間、そしてコストがかかります。しかし、こうした工程を経た革はオイルが抜けにくく、使い込んだ時の色艶がとてもきれいで、美しいエイジングを遂げます。

 

こちらがミネルバボックスのエイジングです。左が使用前のタバコ、右が使用後のタバコです。使用期間は半年と短いにも関わらず、右のサンプルは色味が濃く、何よりも強い光沢が表面に確認できます。

 

続いて、コニャックのエイジングをご紹介します。左が使用前、右が使用から一年程経過したサンプルです。ご覧のようにミネルバボックスのエイジングは、とてもダイナミックです。

 

ミネルバボックスの革の表面には様々な大きさのシボ(凹凸)があります。こちらは型押しではなく、もみ加工を施した皮革に現れる特徴です。均一な表情の型押しは、それはそれで美しいのですが、ミネルバボックスのような不揃いなシボは、個性的かつユニークです。また、良質な革には原皮段階からのこるキズやシワ、血筋などが残りますが、こちらはミネルバボックスにおいても同様です。こちらも含め、同じ見た目のものが無いことから、使用していくことで一層愛着が湧くような革と言えるかもしれません。ちなみにミネルバボックスのもみ加工を施していないバージョンの革が、ミネルバリスシオです。バダラッシーカルロ社では、他にもプエブロなどユニークで斬新な革を生産しています。

 

〇ミニショルダーバッグ・COLLIER(コリアー)・・・39,600円(税込)

サイズ:本体H 26 x W 18 x D 7.8cm 

ショルダーストラップ(最長135cm・最短88cm)

重量:約500g

※COLLIERのカラー展開については、こちらのNEWS内でご案内しています。

※在庫の無い場合は店頭、またはオンラインショップの商品ページ内のリンクから入荷案内の手続きをして頂くことで、入荷時にご連絡もさせて頂きます。

 

続いてCOLLIERの仕様についてご紹介させて頂きます。ボックス型のデザインはいたってシンプルです。COLLIERに限らず、長く愛される定番品は、シンプルなデザインが多いですね。繰り返しとなりますが、外装素材はミネルバボックスです。なお、外装にはポケットなどの収納部は設けていません。 それだけに革の表情をとことん楽しめる仕様となっています。

 

このように、バッグ本体とショルダーストラップに分かれます。ショルダーストラップは、取り外しが可能なので、バッグ本体のみで持つとクラッチバッグとしてもご使用頂けます。

 

ショルダーストラップは要所要所に本体と同じミネルバボックスを使用していますが、テープの部分は生地で作られています。本体の軽量化など、製品全体のバランスを見ながら、素材を選びました。また、カラーごとに本体と調和するカラーを組み合わせています。

 

既に気になる方もいらっしゃるかと思いますが、COLLIERで使用している金具は真鍮(しんちゅう)です。メイン素材のミネルバボックス同様、真鍮もエイジングする素材なので、相性が良く、製品としての完成度を一層高めています。

 

本体のサイドには、内装に繋がるL字のファスナーを備えています。ファスナーはYKKのエクセラで引手にはWILDSWANSのロゴが刻印されています。

 

内装部はWILDSWANSのオリジナルコットンが採用されています。摩耗に強く、丈夫な素材です。また、ミネルバボックスで製作したブランドロゴをあしらったパーツの反対側にはインナーポケットを装備しています。

 

COLLIERの収納量は、ご覧のように600mlのペットボトルが2本入る位です。2本入れてもまだ少し余裕があります。

 

COLLIERは様々なスタイルに、合わせやすいバッグです。ミネルバボックスの経年変化をを楽しみながら、長くご使用頂けます。

 

最後にCOLLIERの展開カラーをご紹介しましょう。画像左から、コニャック、タバコ、グリージオ、オルテンシア、ネイビー、ブラックの順で並べています。どれもバダラッシーカルロ社ならではの自然な色合いですので、是非ご覧ください。

 

コニャック。無染色のナチュラルに次ぐ、プレーンな風合いのカラーです。それだけにエイジングの度合いも大きくなります。育て甲斐のあるカラーです。

 

タバコ。こちらもミネルバボックスの中ではポピュラーなカラーです。汚れも目立ちにくく、どなたにも扱いやすいカラーです。

 

グリージオ。カーキとグリーンの中間位のカラーです。エイジングによりブロンズ系のカラーに変化する驚くべきカラーでもあります。

 

オルテンシア。イタリア語で「紫陽花(アジサイ)」を意味する言葉です。展開色のなかでは一番鮮やかなカラーです。

 

ネイビー。清潔感のある万能カラーです。様々なシュチエーションで対応ができるので、人気の高いカラーです。

 

ブラック。意外に思われるかもしれませんが、COLLIERの発売段階において展開の無かったカラーです。見た目の通りシックでモードな雰囲気があります。

 

ミネルバボックスを生産するバダラッシーカルロ社では、愛着を持てるモノを長く使うといった考え方があるそうです。これはWILDSWANSにも相通ずる部分となり、ご紹介しているCOLLIERは、そうした考えから生まれたバッグと言っても過言ではありません。

 

ご紹介していますミニショルダーバッグ・COLLIERは、WILDSWANSの直営店である銀座のWILDSWANS support&galleryとWILDSWANS Online Shopにて販売しています。

※在庫の無い場合は店頭、またはオンラインショップの商品ページ内のリンクから入荷案内の手続きをして頂くことで、入荷時にメールでご連絡させて頂きます。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ