【#0321】ペンケース・PEEK-A-BOO 1(ピークアブー1)について 2

BLOG ARCHIVE

※こちらは2010年8月に更新された過去のブログ記事です。

記事内に掲載されているアイテム、及び発売予告などの記述に関しましては過去の記事となりますので 現在はお取扱いを行っていなかったり、また既に完売となっているものもございますこと、予めご了承下さいませ。

 

 WILDSWANS(ワイルドスワンズ)の1本差し万年筆ケース・PEEK-A-BOO1(ピークアブー1)についてのご説明、その2です。

 

 

 新作の1本差し万年筆ケース・PEEK-A-BOO1は真横から見るとこんな感じです。

 入れるペンの長さに合わせてフラップの位置をズラし、調節します。

 

 

 航空機などの「ガル翼」のような湾曲した形状のフラップは、アーチ状の革のループに入れて留めます。

 流線的なフォルムが印象的なこのフラップはケースの胴体と同様のカーブが付けられており、滑り込ませるようにスライドさせて入れます。

 

 

 非常に細かい箇所ではありますが、アーチ状の革のループのパーツにも厚みを持たせ、しっかりと磨かれています。ここら辺がとてもWILDSWANSらしいですね。

 さて、話が逸れましたが実際にペンを入れてみます。

 

 

 ペンはPELIKANのスーベレーン1000番です。

 (フラップの上にペンを乗せると、枕の上で安息しているようで微笑ましいです。)

 

 

 入れてみるとこんな感じです。

 ペンクリップを挟む部分の革は、耐久性のある摩擦に強い型押しのカーフを使用しています。

 

 

 先述の通りケースの本体は絞り加工をしていないので、革が持つ自然な反発力により壁は内側へ入ろうと力が働きます。

 これによりケース内でのグラつきを抑え、細めの軸でもホールド感が増しアジャスト出来ると言う仕組みです。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ