【#0007】BALINT(バリント)について 3

BLOG ARCHIVE

※こちらは2009年1月に更新されたアーカイブ記事です。

記事内に掲載されているアイテム、及び発売予告などの記述に関しましては過去の記事となりますので現在はお取扱いを行っていなかったり、また既に完売となっているものもございますこと、予めご了承下さいませ。

BALINTの靴の、パターンオーダーについてのご説明です。

 

 

ここまで色々と述べてきましたが、バリントの靴が醸し出す凄みは、つまりは履き心地を探求する精神に起因しているのではないでしょうか。その為の丁寧な仕事の一つ一つが、結果として美しい佇まいにさせているのだと思います。

 

何か一点の目的の為に作られたものは、濁りがない分、綺麗なのです。  

 

後はもう、職人個人が持つ美意識が全てだと思います。  

自分のハードルをどこに設定しているか、何を良しとしているのかで、その人の仕事 ぶりが決まってきます。  

バリントさんは恐らく、いたって自然に、高い位置に設定されてしまっているのではない でしょうか。  

物からは、そういった作り手の気位が伝わるから面白いものです。

 

C.O.U.でご用意しているモデルは5種類になります。その中から一つ、お好きなデザインを選んでいただき、お好きな革種と色で承ります。 因みに・・・

 

★ 価格は全て一律で 294000円になります。(※現在は取り扱いがございません。)

★ 納期は3ヶ月半~4ヶ月かかります。(一点一点手作りですので、ご了承下さい!)

★ サイズは4~12インチまで対応しています。(幅広いですね。)

★ ワイズはD~G(ハーフ刻みで8ピッチ)まで対応しています。(細かいですね。)

 

革種と色は、結構種類があります。

スムースの革、型押しの革、スウェードなど、本当に沢山あります。このモデルをこの革で作りたい!といったことが可能ですので、組み合わせを考えているだけで、お腹いっぱいです。

 

 

その他、お選びいただける点としましては、   

★ ヒールの高さ(レギュラー、もしくは2レイヤー)    

★ ソールの仕様変更(シングル7、もしくはダブル11)

★ ライニングカラー(ナチュラル、もしくはブラック)         

 

等になります。   

勿論シューツリーと保護袋が付属されます。

ここまでつらつらと書いてきましたが、バリントがどのようなブランドなのか、少しでもお伝え出来たら幸いです。繰り返しますが、足を通すだけでも是非お試し下さい。  

 

バリントについてのレポートは(一旦お休みしますが)まだまだ続けていく予定でいます。履き続けるとどうなっていくのか、などなど。  

 

また必ずレポートいたします。  

 

当分先ですが、どうぞお楽しみに。

 

それではまた

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ