【#0041】ペンケース・PEEK-A-BOO2(ピークアブー2)について 3

BLOG ARCHIVE

※こちらは2009年3月に更新されたアーカイブ記事です。
記事内に掲載されているアイテム、及び発売予告などの記述に関しましては過去の記事となりますので現在はお取扱いを行っていなかったり、また既に完売となっているものもございますこと、予めご了承下さいませ。

 

2本差し万年筆ケースPEEK-A-BOO2の中仕切りについてです。

 

PEEK-A-BOO (2)の続きです。上の写真はサドルプルアップのキャメルで作ったものですが、写真と実際の色とは結構違います。サドルプルアップのキャメルも、使い込んでいくと経年変化により色が深くなっていき、風合いが増していく魅力的な色です。

 

褐色から光沢のあるツヤツヤの焦茶色になっていきます。

 

ペンケース内部の中仕切りは着脱式になっています。ケース本体に対してキツめに設定してありますので簡単には外れないようになっています。

 

*追記:現在は中仕切りは固定式となっております。

 

この中仕切りは、万年筆同士がぶつからない様にする為だけではなく、ケース自体の形状を保ち、型崩れを防止する役目もあります。

 

本体はベルギー産のサドルプルアップですが、ペンクリップ差し込み部分の革は、摩擦に大変強いフランスのデュプイ社(Tanneries Du Puy)のチェルケスと言う革を使っています。薄くても張りがあり、摩擦に強いのが特徴です。

 

これはサンプルなのですが、ミネルバ・リスシオのタバコで作ったものです。(サンプルを作っては検証を繰り返しますので、WILDSWANSにはこのようなサンプルが沢山あります。もったいないので自分たちで使ったりします。)

 

万年筆ケースの新作の3本差しの方は、来月上旬にお店に並ぶ予定です。そちらもお楽しみに。

 

 

それでは。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ