【#0095】ORI-KAMI WALLET(オリカミウォレット)について 3

BLOG ARCHIVE

※こちらは2009年6月に更新されたアーカイブ記事です。

記事内に掲載されているアイテム、及び発売予告などの記述に関しましては過去の記事となりますので現在はお取扱いを行っていなかったり、また既に完売となっているものもございますこと、予めご了承下さいませ。

 

「天衣無縫」という言葉がありますが、「天人の衣は縫製されていない」ということから、技巧の形跡が無く自然で美しいさま、完全なもの、という意味でも使われています。

 

前回無駄に豪華と書きましたが、実はきちんとした理由があります。(そこはWILDSWANSです。)  このお財布をはじめ、ギリギリまで削ぎ落としたシンプルな外観と機能を持つORI-KAMI SERIESが目指したのはその「天衣無縫」なところです。特にマネークリップや小銭入れは縫製することすら排除してますので、極限までミニマムな作りと外観になっています。  

 

ミニマムといっても粗悪な作りでは意味が無く、長持ちもしませんので、両面が革の表側になるよう貼り合わせ、強度を持たせてあります。(ここは、技巧の跡を残さずに強度を確保する上で大変必要な要素でした。)

 

今から約7年前に発表したこのORI-KAMI SERIESは、ある意味とても実験的で重要なシリーズでした。丈夫であるという大前提の下に可能な限り薄くし、特殊な糊によって圧着をし、剥がれない工夫が施されています。

 

どのアイテムも恐ろしくシンプルなので、革製品に重量感や充実感を求められる方でしたら、敬遠されるかも知れませんが、マネークリップや小銭入れの意匠は、最近発表した新シリーズ・DIGNITY SERIESのマネークリップ・MORRISや小銭入れ・BERNALにバージョンアップして受け継がれています。  そちらの方も是非ご覧下さい。WILDSWANSらしく更に進化しています。  

 

お財布に話を戻しますが、札入れ部分は2部屋構造になっています。(お札の仕分けが可能です。 

 

開くと両側にそれぞれカード段が1段ずつあります。その裏側はポケットになっていて・・・ 

 

カードをまとめて収納できます。プラスチックのカードでしたら片側に5枚ずつは余裕で入ります。 

 

カラーバリエーションはブラック、ネイビー、ブラウン、レッド、ダークグリーン、アイボリー(アイボリーのみ市松模様の型押しになります。)の6色展開です。  ただ、ORI-KAMISERIESのマネークリップは完売してしまいした。御免なさい。小銭入れでしたらグリーンとアイボリーとブラウンのみ在庫があります。今回の二つ折り財布でしたら、全色在庫をご用意しています。  

 

感触といい構造といい、とにかく他に例を見ないお財布です。厳密に言うと「切れ目」のお財布なのでしょうが、「切れ目」とも「縁返し」とも違う、独創的なカテゴリーに位置するようなお財布です。

 

見た目がとてもシンプルで、尚且つカサ張らないので和装やスーツ等と相性が良いかと思います。  特に「シンプルイズベスト!」という方にお薦めです。実物を見ると感じられると思いますが、何回見ても、どのような構造になっていて、どのような制作手順で作られたのか分からない、不思議なお財布です。  

折り紙は底無しに奥が深いです。  

 

こちらは厚み0.4ミリのブッテーロのターコイズで折った鶴です。(WILDSWANSクラフトマン制作)そのうちツヤが上がってくるかも知れませんね。

 

それでは。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ