【#0097】パスケース・PASSAGE(パッサージ)について 1

BLOG ARCHIVE

※こちらは2009年6月に更新されたアーカイブ記事です。

記事内に掲載されているアイテム、及び発売予告などの記述に関しましては過去の記事となりますので現在はお取扱いを行っていなかったり、また既に完売となっているものもございますこと、予めご了承下さいませ。

 

WILDSWANSの多目的パスケース、PASSAGEについてのご説明です。  

パスケース PASSAGE 15750円  

追記:現在は廃番となっております。

 

WILDSWANSの革小物の中で、パスケースと呼んでいるものは、このPASSAGEと銀座三越別注のマチ無しパスケースの2種類になり、定番として扱っているのは、今のところこのPASSAGEだけです。  

 

通常パスケースは、定期等が数枚収納出来るものを指すことが多いですが、PASSAGEが他の物と比べて少し変わっているのは、パスケースとしての機能以外にも、オールインワン型のサブ・ウォレットとしての使用が可能なところです。(お客さんの中には、むしろそのような使い方をされている方が実際に多いようです。  )

 

今回ご紹介するPASSAGEは、機能が充実した大変汎用性の高いパスケースです。  

 

WILDSWANSでは、ちょっとした外出用のサブ・ウォレットとして活躍するアイテムが何種類かあります。カードが数枚入る小銭入れのTONGUEや、お札を折らずに入れられる小銭入れのPALM等がそうなのですが、その中でもPASSAGEは、他のアイテムに比べてカードの収納に比重を置いています。

 

この点が、最もこのアイテムを特徴付けているところです。カード段は表側に3カ所、内側に3カ所ありますので、最低でも6枚は収納できます。  

PASSAGEはパスケースとしては珍しい縦開きで、表側はこんな感じになっています。写真の左側部分はフラップの付いたコインケースになっています。PASMOやSUICAを入れてパスケースとしてご利用になる場合でしたら、この部屋にチャージ用の小銭や紙幣を折り畳んで入れておくと大変便利です。(特にメインのお財布に持ち合わせが無かった時など、安心です。)

 

このコインケースの部分は、実はカードの大きさに設定してありますので、小銭を入れずにこの部屋にカードを入れておくことも可能です。

 

それ程枚数が入る訳ではありませんが、小銭を入れない方でしたらカード数枚と折り畳んだ紙幣を入れておくには 丁度良い部屋だと思います。

 

続きます。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ