【#0246】リュックサック・ALSTON(アルストン)について 5

BLOG ARCHIVE

※こちらは2009年11月に更新された過去のブログ記事です。 

記事内に掲載されているアイテム、及び発売予告などの記述に関しましては過去の記事となりますので 現在はお取扱いを行っていなかったり、また既に完売となっているものもございますこと、予めご了承下さいませ。  

 

ナイロン・バージョンのリュックサック・ALSTONについてのご説明その2です。

 

今回のナイロン・バージョンのALSTONは、どんな服にも合わせやすい掠れたブラックの色に大人っぽさがあるのが特徴です。また光沢の無いマットな質感のナイロン生地そのものにも落ち着いた大人の雰囲気がありますので、大自然よりもむしろ街の喧騒が良く似合うリュックサックに仕上がっています。  

 

ところが面白いのは、一見するとソリッドで寡黙な雰囲気の外観でも、実は開けると可愛いチェック柄の生地を裏地として使用していたりするところです。このクールな外観からは想像出来ないギャップが、ANTRAGの鞄らしくユニークで可愛い部分です。  

 

鞄を正面から見て左側面にはファスナーポケットが1つ付いているのですが、開けるとチェック柄の生地が顔を覗かせます。

 

ファスナーの長さが約23cmで、深さが約15cmのポケットです。このポケットは長財布や文庫本なども入る大きさですから、その他に携帯電話、i-podなども余裕で入る大きさです。  

ファスナーは前回同様スイスの金具メーカーのriri社のもので、革の引手と革のツマミを付けて、より使い易くしてあります。  

 

鞄の正面側にはマチ付きのファスナーポケットが付いていて、こちらも開けるとチェック柄です。

 

このファスナーポケットの方は幅が約22cm、深さが約17cm、マチ幅が約4cmとなっています。マチ幅がある分、用途の幅は更に広がり、手帳やペンケースなども楽々入る大きさになっています。  

また前回同様、こちらのファスナーはririでは無く、また何故かYKKの普通のファスナーが付いています。(←謎は深まるばかりです。)このいい加減さ、ルーズさがANTRAGらしくて好きなのですが、このファスナーにも革の引き手が付いてますので、結構使い易いです。

 

マチ幅が約4cmですから、多少厚めの四六判の本なども収めることが出来ます。  

 

続きます。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ