【#0140】ショルダーバッグ・PFEIL(ファイル)について 1

BLOG ARCHIVE

※こちらは2009年09月に更新されたアーカイブ記事です。
記事内に掲載されているアイテム、及び発売予告などの記述に関しましては過去の記事となりますので現在はお取扱いを行っていなかったり、また既に完売となっているものもございますこと、予めご了承下さいませ。

 

 

   WILDSWANSのショルダーバッグ・PFEILについてのご説明です。

 

   ショルダーバッグ PFEIL 60900円 (W40×H27×D7cm)
【※現在はお取り扱いがございません。】

 

 

 

 

   ショルダーバッグと言うとカジュアルなものが中心で、中々ビジネスで使えて尚且つファッション性の高い物が無いものですが、今回はスーツにも合うキレイめのショルダーバッグをご紹介します。

 カッチリとし過ぎない柔らかな色気もありますので、カジュアルジャケットとも相性が良くオフの時に使用されても良いのではないでしょうか。

 この鞄は「鎖」とか「結束」を意味するFESSEL(フェッセル)シリーズの中の1つで、柔らかい素材を使いながらも、力強く男性的な鞄を目指したシリーズです。

 メイン素材には既に何度かご紹介しているドイツのシュリンクカーフを使用しています。ドイツならではの非常にタフな革ではありますが、表情が柔和な為、ともすると女性的な顔立ちになり易い革を男性的な作りに落とし込んで、タフな鞄に仕上げています。

 

 

 

 

   何と言っても非常に丈夫なところがこの革の良いところです。(傷に大変強いですし、柔らかいのにコシが抜けないところも魅力です。)大きなフラップには更に芯材を入れて補強してありますので、一段と強度を保つ作りになっています。

 フラップが付いたショルダーバッグの場合、大抵フラップは波を打ったり折れ曲がるものですが、PFEILにはそれがありませんので、ヨレヨレにならず綺麗なフォルムを保ち続けます。

 

 

 

 

   本体とショルダーストラップを繋ぐバックルも、オリジナルで作った太く強靭なものを使用しています。真横から見ると6角形の、小さいながらも太めのバックルです。

 バックルの中央にあるピンの形状も変わっていて、当たっても痛くないよう丸みを持たせてあります。ピンと言うと普通は華奢なイメージですが、こちらは重厚感を感じる珍しいピンとなっています。

 

 

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ