【#0319】小型3つ折り財布・ENO(イーノ)について 3

BLOG ARCHIVE

※こちらは2010年7月に更新された過去のブログ記事です。

記事内に掲載されているアイテム、及び発売予告などの記述に関しましては過去の記事となりますので 現在はお取扱いを行っていなかったり、また既に完売となっているものもございますこと、予めご了承下さいませ。

 

 WILDSWANS(ワイルドスワンズ)の新作3つ折り財布・ENO(イーノ)についてのご説明、その3です。

 

 

 ENOはコンパクトでありながらボリュームのあるコロンとしたフォルムなので、握った時に大変しっくりとくる、手の平に収まり易い形状をしています。また、小さくとも内側にも革を沢山使用していますので、心地良い重量感を感じることが出来ます。

 しっかりとした安心感がありますので、「頼り無さ」は皆無です。

 定番品のENOではベルギーのサドルプルアップという硬く堅牢な皮革を使用していますので、お使い初めの頃は革の持つ反発力により張りが強いですが、使う程に徐々に柔らかく馴染んできます。

 

 

 ENOは日常的に使う必要最低限のもの(お札・コイン・カード等)を収める為の小さなお財布ではありますが、それでも札入れ室の深さなどは十分あり、お札を入れてみると数センチは余裕があります。

 お札の左右両脇にも余裕がありますので、出し入れする際にストレスを感じることはまず無いかと思います。

 

 

 千円札と比べるとこんな感じです。結構余裕がありますね。

 

 

 ところで話は変わりますが、上の写真の右側にあるのは数年前に廃番となったWILDSWANSの3つ折り財布・TWINSです。(左側はENOのカーキ色です。)これは2001年に発表され、WILDSWANSでの3つ折り財布の先駆けとなったモデルですので、まだお使い中の方は非常にレアです。どうぞ大切にお使い下さい。

 (お持ちいただければメンテナンスもいたします。)

 また、LAST CROPSにも新型の3つ折り財布がありますので、ご興味のある方は見比べてみるのも面白いかと思います。

 

 

 さて、ENOは現在発売中ですがカラーバリエーションはブラックやチョコレートの他、バーガンディ(ワイン)、カーキ(グリーン)、マリン(ネイビー)などもあります。

 色が違うと製品の印象も大きく変わりますから面白いですね。(上の写真では分かり難いですが、中央のカーキはかなり渋めのオリーブグリーンで、右側にあるのがマリンです。マリンは一般的なネイビーとは異なり、殆どブラックと言っても良いほど深い深い紺色です。)

 WILDSWANSのコンパクトな3つ折り財布・ENO、ご興味のある方は是非いかがでしょうか。C.O.U.で発売中です。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ