【#0059】ショルダーバッグ・JOURNALIST(ジャーナリスト)について 2

BLOG ARCHIVE

※こちらは2009年4月に更新されたアーカイブ記事です。
記事内に掲載されているアイテム、及び発売予告などの記述に関しましては過去の記事となりますので現在はお取扱いを行っていなかったり、また既に完売となっているものもございますこと、予めご了承下さいませ。

 

JOURNALISTに使用されている革は、実は3種類あります。

 

上の写真はJOURNALISTのチョコレート色です。(褐色系なのでカマイユと言ったところでしょうか。)ブラックとはまた違った、落ち着いた雰囲気があります。

 

鞄の本体に使用している革は、野球のグローブ等に使われる革で、柔らかさを加える為に更に シュリンク加工を施したシュリンクグローブ(Shrink Glove)と言う革です。グローブに使われる位の耐久性に加え、型押し加工では出せない自然のシボ(シワ)が特徴です。ショルダーバッグは身体に密着するものですので、この柔らかさが体に対する負担を少なくしてくれます。

使う程に柔らかくなっていくのも特徴です。

 

 

バッグの開口部は紙袋のように折り畳んで使用しますが、両サイドにある2本のストラップはまた別の革で、ヘビーレタン(Heavy Retun)という革です。クロームとタンニンの両方で鞣された、シュリンク加工を施していないスムースの革です。耐久性が強く張りもあり、引っ張りや曲げ伸ばしに強いのが特徴です。このストラップはループを通してギボシで留める為、上記の理由により、この革を使用しています。

 

↑ストラップ部分やギボシの両脇は手が当たる部分ですので、手触りの良い、牛革の床面を起毛させた革(Velour)を這わせて使用しています。

 

バッグの口部分中央はマグネットで留まります。内側の背胴側にはファスナーポケットが1つ付いています。前胴側には大小のオープンポケットが1つずつあります。写真では分かりにくいですが、エクセラファスナーも今回は黒ニッケルバージョンです。(ひたすらモノトーンの世界です。)

 

 

続きます。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ