満寿屋・MONOKAKIノートについてのお話 2

BLOG

前回は様々な工夫が盛り込まれた満寿屋さんのMONOKAKIノートの詳細についてご案内させていただきましたが、今回はその満寿屋さんに特別に数量限定で製作していただいたWILDSWANSのオリジナル表紙のノートについてご案内させていただきます。

 

●WILDSWANS×MONOKAKIノート・A6サイズ罫線有    ¥850(税抜)

 

A6判サイズの極力シンプルなレイアウトの表紙で、WILDSWANSの革小物用の箱と同じようにグレーの紙を用いています。中身は従来のMONOKAKIノートと全く同じ仕様の内容で、本文は満寿屋さんオリジナルのクリーム紙を用いた罫線有りの160ページ、見返しの厚紙は濃紺です。

 

従来のMONOKAKIノートの雰囲気を壊さずに、WILDSWANSらしさも汲み取っていただいた非常にシンプルで飾り気のない装丁です。老若男女問わず様々な方にお使いいただける、潔いほど簡素なデザインです。

こちらは2月1日(土)より直営店のC.O.U.銀座店、C.O.U.京都店WILDSWANSオンラインショップにて販売開始いたします。

また、同日より同店にて税抜合計10,000円以上お買い上げのお客様にはノベルティとして無料でお配りいたします。なお販売用・ノベルティ用共に数に限りがございますので、無くなり次第終了となりますこと予めご了承くださいませ。

 

A6サイズですので、文庫本カバーのSUITED-M(スーティドM)やアジェンダカバーのCANOPUS(カノープス)にもピタリとフィットします。

 

ちなみに満寿屋の5代目の川口さんには、A6サイズのMONOKAKIノート用に文庫本カバーのSUITED-Mをご使用いただいております。サドルプルアップのブラックを6~7年使用されており、革もしっとりと馴染んでテカテカに育っております。

 

原稿用紙にも使用されているクリーム紙と呼ばれるオリジナルの紙は万年筆での筆記に適した紙として開発されているため、書き味は勿論の事、滲みや裏抜けが極めて少ないことが特徴です。

また、ボールペンや鉛筆を使用しても滑らかな書き心地を愉しむことが出来るので、様々なニーズに高いレベルで応えてくれる一冊です。上質な書き味や使いやすさはそのままに、シンプルなオリジナルデザインのMONOKAKI A6サイズ(罫線有)は、C.O.U.銀座店C.O.U.京都店WILDSWANSオンラインショップの各店舗にて2月1日(土)より発売いたします。(また同日より同店にて税抜合計10,000円以上お買い上げのお客様にはノベルティとして数量限定にて無料でお配りいたします。)

ご興味をお持ちのお客様は、是非とも極上の書き心地をご堪能下さいませ。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ