【#0128】ドキュメントケース・ROUND DOCUMENT(ラウンドドキュメント)について 3

BLOG ARCHIVE

※こちらは2009年8月に更新されたアーカイブ記事です。
記事内に掲載されているアイテム、及び発売予告などの記述に関しましては過去の記事となりますので現在はお取扱いを行っていなかったり、また既に完売となっているものもございますこと、予めご了承下さいませ。

 

このドキュメントケースに使われている、素材についてのご説明です。

 

色バリエーションは豊富に全7色展開となっています。写真手前からブラック、ネイビー、オリーブグリーン、ト-プ、ジーンブルー、キャメル、オレンジ、チョコレートです。

 

豊富な色バリエーションに加え、この革の特徴の1つとして挙げられるのが発色の良さです。ジーンブルーやオレンジなどの明るい色に顕著ですが、鮮やかなのに浮かれ過ぎていない、どこか上品さの残る色合いで、尚且つ長く使っていても退色しにくく、汚れも付きにくいという特徴があります。

 

メイン素材にはドイツ・ぺリンガー社のシュリンクカーフを使用しています。この革はシュランケンシュリンク、ドイツシュリンクとも呼ばれていて柔らかいのにコシが強く、また傷にも強いのが特徴です。

 

革は経年変化により摩擦で傷んできたり、退色したり、汚れが目立つようになるものですが、この革はその真逆をいくような革で、エイジングしにくいという点で大変優れています。

 

ドイツはヨーロッパの中でも最もクローム鞣しの革を得意とする国の1つに挙げられますが、そのドイツの中でもぺリンガー社の革は、長い歴史の中で培われてきた独特のノウハウと高い品質で、ハイブランドも含めて色々なメーカーから非常に人気があります。(←人気がある故に入手しにくく、色や量も限られてくるのが痛いところですが、それ位良い革だと知られているとも言えます。)

 

このシュリンクカーフは厚手でしっかりとしたコシがあり、またそのコシが抜けにくいというのも大きな特徴です。革自体が弾力性に富んでいますので、待った時に握り心地が良く自然に手の平に馴染みます。(また、本体中央に走る2本のライン部分の凹凸が滑り止めの役割も果たします。)

 

ファスナーはエクセラファスナーの8番を使用しています。ファスナーテープ(台布)の幅が実質このドキュメントケースのマチ幅になりますが、本体がソフトな仕上がりなので、中に入れる容量はある程度フレキシブルに変えられます。

 

 

内側にはオリジナルのコットン生地を使用しています。(色は共通でチョコレート色です。カードホルダーとペンホルダーの革の色は共通でブラックです。)

 

この生地も厚手でしっかりとした生地ですので、傷みにくく丈夫で、手触りも大変良いです。写真は右側にはA4レポート用紙を、左側にはA4のクリアフォルダーと封筒を入れてみたところです。生地の手触りが良いので書類が傷むこともありません。

 

本体の色が何色でも2本のラインは共通でアイボリーになります。(このラインが快活で行動的な印象を与えますね。)

 

鞄も含めて仕事道具は沈みがちな色が多いので、ワンポイントの差し色として明るい色を持たれてもお洒落だと思います。また女性の方でも違和感無く持てるデザインになっています。

 

店頭に並びはじめましたのでご興味のある方は是非どうぞ。

 

暑いですね。

 

川の流れと風鈴とビール・・・。何より癒されます。

 

それでは。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ