【#0243】ドキュメントケース・DOCUMENTO(ドキュメント)について 4

BLOG ARCHIVE

※こちらは2010年2月に更新された過去のブログ記事です。

記事内に掲載されているアイテム、及び発売予告などの記述に関しましては過去の記事となりますので 現在はお取扱いを行っていなかったり、また既に完売となっているものもございますこと、予めご了承下さいませ。

 

DOCUMENTOにサドルプルアップ・バージョンが登場しました。

ドキュメントケース DOCUMENTO  (W36×H26×D約3cm) 

 

今回はドキュメントケースのサドルプルアップ・バージョンをご紹介いたします。

この書類ケースは以前にもご紹介したことがありましたが、その時はイタリアの皮革・ブッテーロにメッシュの型押しを施したものでした。  

今回ご紹介するこのDOCUMENTOも同じく革製の書類ケースですが、ベルギーのサドルプルアップを使用することで堅牢度の向上を図り装飾を極力抑えた非常にシンプルな外観にしてあります。  

どんなオフィスでもどんなシーンでも、自然とその場に溶け込む書類入れで、必要最低限の物を入れての通勤や、自分のデスクから会議室への移動・書類分類と様々な場で活躍出来、尚且つ使う程に味わいが増していく書類ケースとなっています。

 

 

形そのものは前回のブッテーロにメッシュの型押しを施したバージョンと全く一緒ですので、ケースの開口部はファスナーにより2辺が開く構造になっています。  

サドルプルアップを使用したことで、植物性タンニンで鞣されたスムースの革ならではの豊かな表情と高級感、艶かしさがあります。光沢のある少しゴージャスな佇まいは、よりスーツ等に映えるのではないでしょうか。  

A4の書類がピッタリと収まるサイズになっていますが、容量は見た目以上にあります。マチ幅は大体ファスナー台布の幅なのですが、形状自体が荷物を詰め込んでも型崩れを起こさずに、また不格好にならずに膨らんでくれるフォルムをパターンの中に組み込んでいます。  

 

また、植物性のタンニンで鞣された革ならではの自然な柔軟性と、荷物を入れるとより引き立つサドルプルアップの持つ表情はとても魅力的です。 

 

 

この書類入れはケース全体が全開することがなく、書類等の出し入れはファスナー開口部の2辺から行います。  

 

ファスナーエンドはホックによって留まっていますので、開口部を最大に開くときはこのホックを外してファスナーを開きます。  

 

続きます。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ