【#0115】LAVORO DI PASSAGGIO(ラヴォーロ・ディ・パッサージオ)について 2

BLOG ARCHIVE

※こちらは2009年7月に更新されたアーカイブ記事です。
記事内に掲載されているアイテム、及び発売予告などの記述に関しましては過去の記事となりますので現在はお取扱いを行っていなかったり、また既に完売となっているものもございますこと、予めご了承下さいませ。

 

文具「ラヴォーロ」についてのご説明、その2は手帳スリーブについてです。

 

文具に特化したブランド「LAVORO」では、先述の通り豊富なカラーバリエーションが魅力となっています。  

(写真では実際の発色の良さをお伝えするのが困難なのですが)写真左から・・・ブルー、ネイビー、オレンジ、ワイン、キャメル、ブラック、アイボリーの7色展開となっています。写真のアイテムはモレスキンのポケットサイズ専用の手帳スリーブです。  

以前は「モールスキン」と呼んでいた様な気がするのですが、最近ではモレスキンと呼ぶのがどうやら一般的なようです。このアイテムはそのポケットサイズのものに差し込んで使用します。  

一般的な横開きのポケットサイズの他、縦開きのモレスキン・レポーターのポケットサイズでもお使いいただけます。

 

手帳に挟んで使うだけのシンプルな構造ながら、「ペン差し」「しおり」「メモ挟み」「名刺入れ」の4役をこなす優れものです。「しおり」として好きな場所に挟むことを考えると薄い方が良いので、なるべく厚みを出さない工夫としてモレスキン本体に元々付いているゴムを利用して使用するようにしてあります。  

このアイテムを手帳に挟み込んでゴムで留めればスリーブが落ちる心配もありません。手帳全体を包む革のカバーよりも身軽で、必要な機能だけを盛り込んだシンプル且つ機能的なアイテムです。  

ペン差し部分はある程度の太さまでは入りますが、ラミーサファリは厳しいかも知れません。1個1個に個体差があるので入ったり入らなかったりしますから、なるべく太軸のものは避けた方が良いかと思います。(目安としては直径11~12ミリ位まででしょうか。)

 

装着するとこんな感じです。(地味なモレスキンの手帳もワンポイントで1色入ると印象が変わりますね。)

 

手帳スリーブの背面には切れ込みが入っていて、ここに名刺を入れることができます。いただいた名刺の一時保管場所とか、自分のもしもの時用の名刺などを入れておけます。3~4枚位はまとめて入ります。

 

この手帳スリーブは2辺のみ縫製されていますので、片側2辺がL字に開く構造になっています。開いた中に、走り書きしたメモやらカードやら細々したものを入れておけます。

 

このモレスキン・ポケットサイズ専用の手帳スリーブは、至ってシンプルな構造故に使い方は様々ですので、工夫次第でその人に合った自由な使い方が出来ると思います。  

ちなみにこの手帳スリーブは2835円です。 【2014年4月より税込2,916円となっております。】

 

続きます。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ