キーケース・GUARDAR(ガルダール)についてのお話

BLOG

WILDSWANSの新しいかたちのキーケースが誕生しました。スペイン語で「収納」や「保管」を意味する「GUARDAR(ガルダール)」と名付けられたキーケースは、3つの素材で展開します。

 

 

〇キーケース・フルグレインブライドルGUARDAR(ガルダール)・・・8,800円(税込)

カラー:画像左からブラック、ダークステイン、ロンドンカラー

サイズ:H28mm×W87mm×D20mm ※本体を横向きにした状態で計測

重量:16g ※サイズや重量には個体差がございます。

 

 

〇キーケース・シェルコードバンGUARDAR(ガルダール)・・・10,340円(税込)

カラー:画像左からブラック、#8(ダークバーガンディ)、ネイビー、グリーン、バーボン

サイズ:H28mm×W87mm×D20mm ※本体を横向きにした状態で計測

重量:16g ※サイズや重量には個体差がございます。

 

 

〇キーケース・クロコGUARDAR(ガルダール)・・・14,960円(税込)

カラー:ブラック、チョコ

サイズ:H28mm×W87mm×D20mm ※本体を横向きにした状態で計測

重量:16g ※サイズや重量には個体差がございます。

 

 

フルグレインブライドルレザーシェルコードバンクロコダイルの3つの皮革は、いずれもWILDSWANSを代表する皮革です。各皮革の詳細はリンクからご覧ください。

 

 

早速、GUARDARの気になる仕様についてご紹介します。スティック状のキーケースで鍵を収納しない状態の場合、側面は空洞になっています。

 

 

非常に小さなアイテムですが、オリジナルのウォレットなどと同様に、コバ(=革の裁断面)の仕上げや縫製などの工程は、自社のアトリエ内で職人が1点1点丁寧に仕上げています。

 

 

本体の先端には金属の留め具が付きます。鍵を装着する際には、背面の窪みが付いた面の留め具をマイナスドライバーなどを用いて開きます。

 

 

本体を開くと一本の帯になります。こちらの全長77mmです。WILDSWANSのロゴは、帯の内側に刻印されます。

 

 

全てのパーツをばらしてみると本体の帯、金属の留め具、スライサー(丸い革のパーツ×4枚)に分かれます。

 

 

スライサーは、帯の内側と同素材、同色で製作したキーカバーです。上の画像のように、内外装がフルグレインブライドルレザーの場合、スライサーもフルグレインブライドルレザーです。

 

 

外装がシェルコードバンとクロコダイルの場合は、内装と同じ、型押しイングリッシュブライドルレザーのスライサーが付属されます。

 

 

なお、各素材のスライサーのコバは、素磨きです。本体と異なるコバの仕上げになりますのでご了承ください。スライサー自体の詳しい役割については、この後、実際の使用イメージで説明します。

 

 

さて、実際にカギを装着してみましょう。まず、受け側の金属製留め具を本体に装着して、スライサーを1枚差し込みます。

 

 

次に鍵を1つ装着して、さらに1枚のスライサーを差し込みます。

※留め具の直径は4mmになります。穴のサイズや形状によっては収納できないものもありますので、事前にご確認下さい。

 

残り2つのカギについてもこちらの作業を繰り返します。

 

 

最後に留め具のネジを締めて完成です。合計3つのカギを装着することができました。

 

 

3つ以下のカギを装着する場合も、カギの厚みなどを確認した上で、できるだけ隙間ができないように帯の中に収納するスライサーの枚数を調整します。

 

 

今回装着したカギの中で一番大きなサイズは、全長63、幅24、厚み2mmです。他に収納するカギのサイズによりますが、以下に記載したサイズも含め参考までにご確認ください。

・帯(内径)・・・W82×H16mm

・スライサー(1枚)・・・直径22mm×厚み1mm 

※GUARDAR1点に対して、4枚のスライサーが付属されます 。

 

 

カギは、回転させて帯の中に収納します。この時、スライサーがあることで、カギ同士やカギと本体の帯が直接干渉せず、スムーズにカギを回転させることができます。カギを帯の中に収納することで、コンパクトであることに加えて、非常にすっきりとしたカタチで持ち運びが可能となります。スティック状のGUARDARは、とてもスタイリッシュなアイテムです。

 

 

帯の折り曲げ部分は、WILDSWANSのカラビナキーリングL(又はカラビナキーリングM)を接続するため、 他の部分より少し細く裁断しました。

※画像は、Lサイズです。

 

 

カラビナキーリングは、レバーで開閉する仕様であることから、GUARDAR本体の留め具を外すことなく、本体に直接接続することができます。

 

 

こちらはベルトループにカラビナキーリングLを取り付けたGUARDARに接続させた使用方法です。

 

 

一方、カラビナキーリングLを用いて、GUARDARと鞄のDカンを繋いだ使用方法です。

 

 

こちらはカラビナキーリング(M)をGUARDARに取り付けた画像です。

 

さらにわかりやすく。画像左のクロコGUARDAR/チョコにはLサイズ、画像右のフルグレインブライドルGROUNDER/ダークステインにはMサイズのカラビナキーリングを取り付けて並べてみました。

 

 

カラビナキーリングの他にもレザーストラップのLEGARE(レガーレ)と合せて使用することで、GUARDARの使用環境が一段と広がります。

 

 

マルチケースやミリタリーナイフなどからインスパイアされたキーケース・GUARDARのご紹介でした。こちらは現在、WILDSWANSの直営店である銀座のWILDSWANS support&galleryとWILDSWANS Online Shopで発売中です。ご自分用はもちろんのこと、プレゼントにも最適なアイテムです。お好みの素材、カラーからお選びください。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ