準定番品シェルコードバンシリーズについてのお話1

BLOG

WILDSWANSの準定番品シェルコードバンシリーズは、外装にホーウィン社のシェルコードバン、内装にベルギー・マシュア社のサドルプルアップを組み合わせたアイテムにて、2020年1月まで販売及び入荷案内を承っておりましたが、サドルプルアップの供給が非常に不安定となっていることにより、止むを得ず新規の入荷案内を停止させて頂いておりました。2020年1月までに入荷案内を承っていたシェルコードバンシリーズのアイテムは、内装にサドルプルアップを用いた従来の仕様で製作をさせて頂きますが、入荷まではもうしばらくお時間を頂戴致します。お待たせして申し訳ございませんが、入荷次第お手続きを頂いた店舗よりご連絡をさせて頂きます。 一ヵ月ほど入荷案内を停止していたことでシェルコードバンシリーズをご検討頂いていたお客様には大変ご迷惑をお掛けしておりましたが、ようやくリニューアルして製作できる見通しとなりましたので、新たに生まれ変わるシェルコードバンシリーズの詳細をこちらのブログでご紹介させて頂きます。C.O.U.銀座店とC.O.U.京都店では314日より新しいシェルコードバンシリーズの店頭サンプルをご覧頂けます。WILDSWANS Online Shopでは314日の11時より各アイテムの商品ページをオンライン上で公開致します。(※こちらのシリーズのアイテムは314日時点において販売できる在庫のご用意はなく、入荷案内の受付がWILDSWANSの各直営店でスタートする運びとなります。)

※新しい仕様の準定番品シェルコードバンアイテムの製作は、内装にサドルプルアップを使用した旧仕様のシェルコードバンアイテムの入荷案内に一定の目途がついた後、製作が開始される予定です。

 

外装にはこれまで通りアメリカ・ホーウィン社のシェルコードバンを使用します。世界屈指の優れた皮革製造技術を持つホーウィン社を代表するシェルコードバンは、馬の臀部の皮を削り出すことで現れるコードバン層を丹念に鞣して染色した、WILDSWANSでも特に人気が高い皮革の一つです。肉厚で弾力がありながら非常に肌理が細かいシェルコードバンは、その繊細な表面からは想像ができない程耐久性に優れた革となります。また、使用前から放たれる表面の光沢は使用していくことで更にその鋭さが増していきます。

 

こちらはスタッフがサンプルで使用した、シェルコードバンを用いた二つ折り財布・WINGSです。カラーは#8(ダークバーガンディ)で使用期間は2年半ほどです。

※画像のシェルコードバンWINGSは内装にもシェルコードバンを用いたモデルですが、現在このようなフルコードバン仕様のモデルの製作は行っておりません。

 

さらにこちらはシェルコードバンのブラックを用いた大型長財布のWAVEです。使用期間は1年半程です。

 

どちらもそれほど長い使用期間ではありませんが、表面には豊かな光沢が現れています。シェルコードバンは細かい繊維の集合体で、特に製品の折り曲げ部分などには「ザラ」と呼ばれる繊維が立ち上がった部分がありますが、使用していくことでこちらの繊維が徐々に寝かしつけられて、全体的にスベスベとした手に吸い付くような質感に変化していきます。また、タンニン鞣しの皮革であることから、表面には小傷や血筋のほか独特の色ムラなどの個体差があり、艶やかでありながら、どこか野性味を感じさせます。

 

引き裂きなどに対しては高い強度を誇るシェルコードバンですが、水分や汗の影響を受けやすく、傷も付きやすいという少々デリケートな側面があります。特に汗や水分が長く付着することで表面に曇りが現れることがあるため、これらが付着した際はすぐに布などで取り除くなどのケアが必要です。一方でシェルコードバンは皮革内部に油分を多く含んでいるため、頻繁に皮革用クリームを頻繁に塗布する必要はありません。日頃のお手入れはブラッシングと柔らかい布を用いての乾拭きで十分です。先ほどのサンプルでご紹介したような重厚感を伴う光沢がすぐに現れることはありませんが、少しずつ光沢を増していくので是非じっくりとご使用くださいませ。

 

続いて内装の皮革をご紹介します。新たに内装の皮革として用いているのは、アメリカ・ウィケット&クレイグ社のイングリッシュブライドルです。こちらは2019年から新たにWILDSWANSの定番革に加わりました。現在では珍しいピット槽によるタンニン鞣しの皮革を生産するウィケット&クレイグ社は、創業から100年以上の歴史を持つ北米最大のタンナーです。このタンナーが生産するイングリッシュブライドルは、革の中でもっとも強度が高いとされる表面(ギン面)を傷らないで仕上げる肉厚のフルグレインブライドルレザーです。しなやかな中にも適度なハリ感と強いコシ感を兼ね備えており、傷や血筋、シワ(トラ)が革の表面の何処かしらに現れますが、このような個体差もフルグレイン仕様の特徴です。シェルコードバンと比べますと使用前はマットな見た目となりますが、使用していくと見違えるような光沢が現れます。

 

画像左が使用前、画像右がスタッフが数か月使用したイングリッシュブライドルBYREN/ダークブラウンです。

 

使用前のマットな表情からガラリと変わり、革の表面には豊潤な光沢が出ています。外装のシェルコードバンに比べて変化の度合いが大きく、変化が現れるまでの時間も短くなります。さらに質感においても皮革内部のコシ感が芯のように残ります。同じ牛革のサドルプルアップはとにかくハリ感が強い皮革で、このハリ感は使用することで少しずつ馴染みます。一方のイングリッシュブライドルは適度なハリ感を備えつつも、どちらかというとその弾力性やしなやかさが特徴となり、使用後もこちらを維持しながらコシが抜けにくいという性質の差があります。どちらも耐久性に優れた皮革ということに違いはなく、加えてこの耐久性においては甲乙が付け難く、あくまで革の質感の差と捉えるのが自然です。

 

シェルコードバンと同様に皮革内部に十分な油分及びロウ分が含まれているため、ブラッシングと柔らかい布を使用した乾拭きが基本的なお手入れとなります。また、イングリッシュブライドルもタンニン鞣しの皮革になるため、汗や水分の影響は避けられませんので、これらが付着した際は、布などを使用してできるだけ素早く取り除くことをお勧め致します。

 

新しい準定番品のシェルコードバンシリーズでは、この優れた2種類の皮革を組み合わせることにより全く新しいアイテムとして生まれ変わります。こちらのラインナップは以下の6品のアイテムです。

 

【準定番品シェルコードバンシリーズ】

〇多機能コインケース・準定番品シェルコードバンTONGUE・・・・・27,000円(税抜)

〇ミニ財布・準定番品シェルコードバンPALM・・・・・37,000円(税抜)

〇二つ折り財布・準定番品シェルコードバンGROUNDER・・・・・55,000円(税抜)

〇小型三つ折り財布・準定番品シェルコードバンENO・・・・・66,500円(税抜)

〇中型三つ折り財布・準定番品シェルコードバンBYRNE・・・・・71,000円(税抜)

〇大型長財布・準定番品シェルコードバンWAVE・・・・・86,000円(税抜)

(カラー:ブラック×ブラック、#8(ダークバーガンディ)×ダークブラウン)

※2020年3月10日現在、こちらのお品物の製作はスタートしておりませんが、ご希望のお客様へは入荷次第ご連絡をさせて頂きます。C.O.U.銀座店、C.O.U.京都店で受け取りを希望されるお客様は店舗にご来店、またはお電話でお手続きをお願い致します。WILDSWANS Online Shopをご利用のお客様は、ご希望の商品ページ内のリンクから入荷案内のお手続きをお願い致します。何れも詳細な入荷時期は未定となりますが、現在承っております内装にサドルプルアップを使用した旧仕様のシェルコードバンシリーズの入荷案内に一定の目途がつき次第、アイテムごとに入荷案内を承った順番で製作を開始する予定です。尚、内装にサドルプルアップを使用した旧仕様での入荷案内はお承りすることが出来兼ねますこと予めご了承ください。また、内装にイングリッシュブライドルを使用した新しいシェルコードバンシリーズの発売に併せて、内装にサドルプルアップを用いた、旧仕様のシェルコードバンシリーズの名称はアイテム名の前に「準定番品・旧シェルコードバン○○」と変更させて頂きます。

 

こちらの準定番品シェルコードバンシリーズは2色のカラーにて展開致します。

 

こちらがブラック×ブラックです。光沢の強いシェルコードバンと少しマットなイングリッシュブライドルとのコントラストが印象的なシックな佇まいです。

 

こちらは#8(ダークバーガンディ)×ダークブラウンです。シェルコードバンの中でも人気が高い#8にオーガニックな雰囲気のイングリッシュブライドルのダークブラウンを組み合わせています。次回は各アイテムの詳細をご案内させて頂きます。

続きます。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ