【#0225】トートバッグ・DRUCKER(ドラッカー)について 1

BLOG ARCHIVE

※こちらは2010年01月に更新されたアーカイブ記事です。
記事内に掲載されているアイテム、及び発売予告などの記述に関しましては過去の記事となりますので現在はお取扱いを行っていなかったり、また既に完売となっているものもございますこと、予めご了承下さいませ。

 

 WILDSWANSに新しいトートバッグ、DRUCKERが加わりました。

 

 トートバッグ  DRUCKER (W44×H32×D16cm) 81900円
【現在は89,100円(税込)となっております。】

 

 

 お財布等、WILDSWANSの革小物では既にお馴染みの革ですが、今回はベルギー産の皮革、サドルプルアップを贅沢に使った新作のトートバッグをご紹介いたします。

 堅牢で艶やかさのあるサドルプルアップの鞄ですので、単に丈夫なだけでは無く、この革が持つ独特の色気と気品を存分に堪能出来る、大人のトートバッグに仕上がっています。

 サドルプルアップというとガチガチに硬い革という印象を持たれるかも知れませんが、今回の鞄では適度な張りとコシを残しつつも鞄用の厚みに設定しており、また鞄全体のフォルムも柔らかい表情に仕上げていますので、見た目の割には軽くしなやかな鞄です。

 所謂「高級」と呼ばれる皮革を用いつつも、ダレスバッグのようなハードラゲッジでは無くあくまでも汎用性の高いトートバッグですので、服装を選ばずオン・オフお使いいただける上質な鞄となっています。

 

 

 この革が古くは馬の鞍や馬具等に使われていたというのが、体に密着し易い鞄になってみると、理屈では無く体で理解出来ます。

 見た目の迫力もそうなのですが、肩掛けして体にフィットさせてみると、明らかに他の革とは違うコシと質感を持っていて驚きます。薄くても張りとしなやかさがありますので、馬具等に使われていた理由が「体感」出来ます。

 

 

 鞄本体のしなやかさに比べ、鞄の両サイドにある絞りストラップ等の各パーツは、肉厚の堅牢な作りとなっています。上の写真でも確認出来ますが、絞りストラップは革を張り合わせ紳士用べルトの様に厚みを持たせて縫製してありますので、大変しっかりとした作りです。

 使用しているバックルもオリジナルで製作した金具で、極太ですが丸みを持たせて痛くならないように配慮したピンと、6角形に見えるシャープな印象の側面が特徴です。

 

 

 ハンドルの付け根にある金具も、シャープさのある6角形のオリジナル金具を使用しています。

 こちらもクールな印象ですが、小さいながらもとてもガッチリとした作りです。

 

 

 ハンドルの付け根部分にある革パーツも肉厚で、しっかりとした作りです。全体的に、柔らかい鞄本体に対してディテールのパーツは至って重厚な作りとなっています。

SHARE

OTHER INFORMATION

矢印 ロード チェック 逆三角形 カート アカウント 検索 クローズ facebook facebook WEAR_ロゴ